DHAとEPAの違いと妊娠中や授乳中にDHA摂取が良い理由

妊婦と子供

DHAとEPAは共に生活習慣病の予防に効果的ですが、その2つの成分の違いとしてDHAは、血管や赤血球の細胞膜を、柔らかくする作用により血流を促進します。

EPAは血小板凝集抑制作用により、血栓の生成を予防して血流をよくします。

またEPAは神経系への働きはありませんが、DHAには神経系への働きがあり、脳の活性化をする大切な成分です。

体内ではEPAからDHAが作られるので、EPAの摂取が充分な場合は、DHA不足の心配は無いと言えます。

更に、妊娠中や授乳中にDHAをしっかり摂取すると、赤ちゃんにとって良いことがあります。DHAには、アレルギーを抑制する作用や免疫力を調整する作用などがあるので、アトピーなどのアレルギー予防や風邪予防に効果が期待できます。

DHAは、赤ちゃんの網膜や神経系生成の材料になるので、妊娠中や授乳中にDHAを充分にとることは大切です。

更に、脳の海馬を作る材料にもDHAはなるので、勉強が得意な子を育てることにも繋がります。

妊娠中食生活から、充分なDHAを摂取するのは中々難しいので、DHAサプリでの摂取が効率的と言えます。食べ物から摂取する際は、お刺身などの生で食べる料理が、DHA摂取量を増やすには理想的です。

DHAサプリを選ぶにはこちらのサイトがおすすめです→DHA・EPAサプリ比較ランキング!おすすめのDHAサプリを紹介

お母さんは魚を食べよう!妊娠中こそDHAを!

妊娠中に取りたい栄養素の一つが、よく耳にするDHA。これは「ドコサヘキサエン酸」の略称で、脂肪酸という油脂の仲間。青魚に豊富に含まれているイメージがありますが、実は含有量ならマグロのトロやあん肝がピカ一。

まぁ、カロリー的にはお勧めできませんが……。

DHAと聞いて思い出すのが「頭がよくなる」のフレーズ。私たちの脳は、腕が長い神経細胞のネットワークでできています。
細胞の表面を作っているのは脂肪酸なので、脳はとりわけ多くの油脂を必要とします。集中力や記憶力がアップという効用もこれがゆえん。

脳の発達を促すDHAは、おなかの中の赤ちゃんにはとても大切。また、妊娠中は赤ちゃんに回ってしまうので、おかあさんのDHAは不足しがちになります。

産後うつにかかりやすくなることもあります。お魚を積極的に食べるようにしましょう。

DHAが豊富に含まれているのは、サンマやサバなどの青魚、ウナギ、カジキなど。おすすめの食べ方は、DHAを余さずとれる調理法。お刺身や煮汁ごといただく煮物がベストです。

焼き魚にするときも、切らずに焼いて脂が流れださないようにするのがベターです。

忙しく毎日を過ごしている妊婦さんまたは授乳中の方必見!優れた栄養成分のDHAを賢く摂取するには?!

よくDHAを多く摂取すると、頭が良くなるなんてことを耳にしますよね。

DHAという成分は、正式名称はドコサヘキサエン酸で青魚などに多く含まれている栄養成分です。

この栄養成分は、血液サラサラ効果や脳や網膜などにとても良い効果があります。

脳や網膜などに効果的な栄養素なので、妊婦さんや授乳中の方にも摂取したほうが良いとされています。

妊婦さんは特に、自分自身が摂取した栄養成分が直接お腹の子供へと運ばれていくので、しっかりとした栄養成分があるものを摂取したいものです。

DHAは脳や網膜の成長に多くかかわっている栄養成分なので、妊娠中または授乳中の子供に直接栄養が伝わる時期にはとても大切な栄養成分です。

ですが妊娠中は、悪阻などでなかなか魚料理を作れなかったり、上のお子様がいる妊婦生活で大変という方も多いのではないでしょうか。

また慣れない子育てに追われ、授乳中に魚料理を作るのが大変といった場合があります。

こんな忙しい妊婦さんや授乳中の方におすすめしたい物が、魚の缶詰めです。

缶詰めは、魚を調理する手間がまったくなく、手軽に美味しい魚料理を味わうことができます。

DHAの栄養素もしっかりと摂取することができるので、優れた栄養成分のDHAを賢く摂取することができます。

DHAは赤ちゃんがお腹にいる時から積極的に摂取すべき栄養素

DHAという言葉は聞いたことはありませんか。

詳しくDHAのお話をさせていただきたいのですが、DHAとは「ドコサヘキサエン酸」のことで、青魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸なのです。体内ではEPAという「エイコサペンタエン酸」からつくられます。

DHAの主な働きとしては、脳や神経組織の機能を高める働きがあり記憶力や学習能力を向上させることができます。

他にも、アルツハイマー型の認知症に対しも効果があり、血流を改善する効果、アレルギーを予防する効果、視力を回復する効果、精神を安定させる効果も期待できる優れものなのです。

そして、記憶力や学習能力を向上させる効果で言うと赤ちゃんでも同じです。

未熟児で生まれた赤ちゃんにDHAを含まない粉ミルクで育てた場合と、DHAを含む母乳で育てた場合を比較した実験があります。

その結果、母乳で育てた赤ちゃんの知能指数がはるかに高い結果が出たのです。

生まれてからではなく赤ちゃんがお腹にいる時から、母親がDHAを摂るように心がけたり、粉ミルクもDHA配合の製品を選ぶことが重要です。

また、成長後の子どもにDHAを摂取させることで、学習能力が向上し集中力が高まります。

DHAはいわしやさば、あじ、さんま、まぐろ、かつおなどの青魚に豊富に含まれています。