お母さんから赤ちゃんへ。妊娠・授乳期にDHA・EPAを!

妊婦

妊娠中に取りたい栄養にDHAとEPAがあります。

青魚に多く含まれているということで、テレビなどで耳にする機会も多いかもしれません。

どちらも健康にいい脂肪酸、つまり脂の一種で、体内で合成することができないもの。赤ちゃんは、おなかの中では胎盤から、生まれた後は母乳から摂取することになります。妊娠中・授乳中のお母さんはこれらを多くとる必要があるというわけです。

DHAは脳の成長に役立ちます。神経細胞の表面は脂肪酸でできているので、赤ちゃんが育つのに脂は欠かせないもの。DHAは神経を作るのに役立つ良質の脂肪です。

EPAはコレステロール値を下げるなど、生活習慣病の予防で注目されていますが、血管を柔らかく保つ働きがあります。医学的に健康効果が証明された栄養素です。

この二つはともに青魚に多く含まれています。手軽にとる方法としては缶詰がオススメ。煮汁ごといただくと、栄養分ををもれなく取れてベストです。

なかには、つわりで魚のにおいがダメという人もいらっしゃるでしょう。そんなときはサプリメントでとってしまうという手もあります。

DHAを摂取して頭の良い健康な子どもを育てる

マグロやサバ、さんま等の魚に多く含まれるDHAは、妊娠中や授乳期にお母さんが摂取すると、頭の良い健康な子どもが育つと言われています。

妊娠中赤ちゃんの栄養等は、お母さんの胎盤を通して摂取されるので、この期間は赤ちゃんの基本的な体を造る上で大変重要です。

親としては大切な赤ちゃんの将来を考えると、できれば頭の良く、健康な子どもに育って欲しいと願う事は当然の事であると思います。

しかし、DHAを含む魚には、微量ながら人体に悪影響をもたらす水銀も含まれているので、摂取にあたっては注意も必要です。大人には不要な成分を体内に取り入れても自然排出できる機能があるので、微量な水銀なら特に問題はないのですが、胎児には、そのような機能がないので体内に蓄積されていき、必要以上に摂取する事は良くないとされています。

そんな時にDHAを含むサプリは大変便利なのです。サプリには水銀を含まないマグロから抽出した物もあるので、妊娠中でも安心して摂取する事ができます。

DHAは脳にいいので積極的に摂取しましょう

DHAというのは、「ドコサヘキサエン酸」という不飽和脂肪酸の一種で、青魚に多く含まれていることがよく知られていると思います。

DHAはアトピーやアレルギーを改善、子どもの成長にも重要です。そのため、妊娠してからも一日の目安量を基準にして摂取していけるとよいと思います。

妊娠した時摂取したDHAは胎盤を通して胎児の栄養となります。DHAは脳の栄養素と言われているぐらいなので、自分の脳のためにもいいだけではなく、胎児の脳の成長にも影響します。DHAを摂取して生んだ子どもはIQが摂取せずに生んだ子どもよりも高いという実験の結果もでているくらいです。

DHAを多く含む青魚を煮物や焼き物にして妊娠中には摂取するようにするといいです。

酸化しやすいものなので、酸化を防ぐ効果のあるキュウリやオリーブオイルと一緒に摂取するとよいです。例えば、いわしとキュウリのマリネなどは妊娠中でもサッパリしているので食べやすくてよいと思います。”