妊婦さんには欠かせないDHAまたはEPAの効果とは

サプリ

妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長を考え食事を見直すママも多いです。

色々な栄養素が赤ちゃんの成長に欠かせないとして挙げられる中でも特によく言われているのがDHA、EPAです。なんとなく聞いた事はあっても詳しい効果まで知らないかもしれませんね。

そもそもDHA、EPAとはなんなのかというと、青魚やマグロなどの魚油に含まれている成分で生活習慣の予防にも役立つと言われているものです。

また妊娠中には、赤ちゃんの脳や眼の発達にも大切な成分でもあり、他には早産の予防にもなるといわれています。そのため妊娠中は普段よりも多く取り入れるべきだといわれています。

ただ魚を毎日食べるって案外ハードルの高い事ですよね。そこでおすすめはサプリメント。

忙しい毎日でも簡単に取り入れることが出来ます。また青魚の独特な匂いが苦手だという人にも安心ですね。

ちなみに妊婦さんでなくても、妊娠を望む人であれば、DHA、EPAを摂る事で妊娠しやすくなるとも言われています。

早めから赤ちゃんのことを考えた食生活に変えておくと良いですね。

DHAが必要なのは子供だけじゃない!?妊婦さんにもオススメの理由!

「魚を食べると頭が良くなる〜♪」。数年前にこんな歌が流行りましたね。ついでにそこでDHAの名前を知った方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はDHAが必要なのは成長目覚ましい子供や、健康が気になる大人だけではありません。実は妊婦さんが摂取するとさらに良いことがあるんです!

まず、DHAとは何か。これは主に青魚に含まれる不飽和脂肪酸(ドコサヘキサエン酸)というものなのですが、これが体内に入ると脳や視神経に働きかけ、細胞を柔らかくして各部位の働きを活性化させます。

また血流を良くする効果もあり、これまでは学習能力を高めるため子供に、あるいはお疲れの大人に良いとされていました。

それを妊婦が摂取するとどうなるのか。まず胎児の脳細胞や脳神経に影響を与えるため、胎児の成長に必要な栄養素とされています。

また、アメリカの研究によれば早産、低体重のリスクを大幅に減らす効果があり、さらに、胎児の内からDHAを摂取させると、生まれた赤ちゃんのIQが上がるという研究結果も!すごいですね!

このように、妊婦の内からDHAを摂取するメリットはたくさんありますが、じゃあどう摂れば効率的なのでしょう?

妊婦さんに生魚はご法度というのは知ってますか?妊娠中の母体は免疫力が下がっているため、生の魚を食べるとそこについた菌で重大な食中毒などを起こす恐れがあります。

そのため、妊娠中魚を食べるなら焼き魚や煮物がオススメ!DHAは熱である程度失われる栄養素ですが、量に対する吸収量が60%と高めなので、ある程度は大丈夫!安心して日々の食卓に取り入れましょう!